子育て浜松フォーラム



育児相談室 育児相談コメント集 育児相談窓口 体験談投稿

トップページ > 育児相談室 > 育児相談コメント集 > 【解説】家族のために働いているのに子どもが理解してくれない



【解説】家族のために働いているのに子どもが理解してくれない

  • 小さな子どもにとって母親はいつも傍にいてほしい存在です。
  • 子どもをかまってあげられないと子どもは自分が嫌われていると解釈してしまいます。

子どもは両親などのインプリマと愛着の絆で結ばれています。 愛着の絆は、子どもが自身の価値観を形成する上で重要な役割を担い、 子どもをインプリマの傍にとどめさせます。 子どもは潜在的に愛情を必要としているため、 その愛情を子どもに理解可能な形(思考領域参照)で伝え、 子どもを安心させてあげることが必要です。








トップページ  |  サイト運営ポリシー  |  お問い合わせ  |  サイトマップ